ストーカーにはいくつかのタイプがあります。たとえば、離婚した妻に対して執着するというタイプのストーカーがいますが、こういうタイプの人を行動させているのは、裏切られたことによって生じた執着心というのが大きいです。つまり、別れた妻に対しての愛情が深いから追いかけるのではなく、自分から離れたことに対して納得がいかないために追いかけ、話をしてもらうために危害などを加えるわけです。
また、相手のことが好きでストーカーになってしまうという恋愛型もあります。最近増えているのは、ネットを通じて知り合って、どちらかがストーカーになってしまうというケースです。
ネットを通じて知り合うケースだと、遠距離恋愛になることが多いです。そのため、常に会えるわけではありません。すると、どちらかが異性を拘束するタイプの場合、不安を抱いて連絡が多くなったり、あるいは相手に対して過度に連絡を求めたりします。その結果、別れを切り出すと、恋人を失いたくないとストーカーになってしまうわけです。
好きだからと言っても攻撃をしてこないわけではなく、当然、離れていった恋人が別の異性とつきあい始めたら嫉妬心を抱いて攻撃をしてくるので、危険だと言えます。